【タイ古式マッサージ】セラピスト成長の法則

こんにちは!
木下です。

 今回は、僕がサーフィンを始めて
「本当に良かったなぁ~」と
思うことがあるので
シェアさせていただきます。

僕は仕事がら、
健康な身体、
動く身体を保てているという感覚があり
それなりに自信がありました。( ̄ー+ ̄)ニヤリ…。

 

しかーし!

 

いざサーフィンを始めてみると
とにかくどこかが痛くなる。

こっちが良くなったらあっちが、、、

痛くはないけど違和感や
何かが引っかかってる
感じがする場所がある。など。

今までまったく
気になっていなかった場所が
めちゃくちゃ気になりだし、 

自信などというものは
一瞬にして吹き飛びました。

でもそのおかげで
謙虚に1から
自分の身体と向き合うことができました。

 

===========

成長には痛みをともなう

===========

子供から大人になる段階で
成長痛ってありますよね? 

僕はカカトと乳首が
めちゃくちゃ痛くなった記憶があります。(T ^ T)

子供から大人への成長は自動的ですが
大人になってしまってからの成長は
自分でその機会を作っていかなければ
退化していくばかりです。 

そして、成長を求めるなら

【新しいことにチャレンジする】

【自分の基準を高める】ことが必要です。

で、この2つは
どちらも痛みをともなう可能性があります。

新しいことにチャレンジすれば
必ずうまくいかないことや
壁にぶち当たります。

自分の基準を高めようとすれば、
よりレベルが高い選択を
し続けることになります。
 

料理で言えば、

毎日おかずを3品作っていたのを
7品にするような感じです。

7品にすれば
栄養バランスが改善されますし、
毎日の食事が心豊かな時間となります。 

でも、そのための食材の仕入れ、
調理の時間、レシピや組み合わせなど
さまざまな問題をクリアすることにもなります。 

その過程が成長、学びとなる感じです。

やり続ければ、
料理の段取りがスムーズになり
食材の無駄が減り、
時間もお金もロスが減っていきます。

 極めれば
【時短テクのカリスマ】にだって
なれるかもしれません。

 

========

成長を感じるとき

========

僕はセラピストになって
8年間ぐらいは
3ヶ月に1度ぐらいのペースで

「あ~キタわー!またレベルアップしてしまった。笑」
という感覚がありました。

これは僕が新しいことを学び続け、
やってみて、改善するというサイクルを
ガチで鬼のようにやっていたからです。 

でも正直ここ最近は
半年に1度、
1年に1度ぐらいの
感覚になっていました。
 

良く言えば、
【余裕】があったのです。

だからサーフィンを
始められたというのもあります。

でも結果として
自分の身体に深く向き合うことができて
身体に対する知識や技術、自分の体感覚が
飛躍的に伸びた感じがします。

 はたから見ると

「遊んでるだけじゃん」ですが

【痛い】→【サーフィンが楽しくない】→【絶対に解決したい】→【セルフ人体実験】→【試行錯誤】→【解決】→【今までの知識と知識が繋がって脳がスパークする】→【お客様に提供】→【結果が出る】→【症状軽減で教える】→【良いフィードバックをもらう】というプロセスにより、

僕の感覚だとこの1年で
「さらにパワーアップしてしまったぜ☆」
という感じです。

あなたは最近、
成長を感じていますか?

新しいことに
挑戦していますか? 

現状の外側に飛び出すと
思いがけない発見や
成長がありますよ!

ではでは。

木下智之

P.S.
この仕事を始めて
最初の8、9年は
ずっと仕事と勉強だけしてきました。

本当に全てを0から始めたので
他のことに時間を使う余裕もなかったし
学ばなければいけないこと、
学びたいことも山ほどありました。 

今となっては
すごく遠回りした感もあります。

抑えるべきポイント、
その必要な知識の
核心部分が分からなかったからです。 

アレもコレもと右往左往して
多すぎる情報に混乱気味でした。

あなたは8年も
使う必要はありません。

身体へのアプローチ、
健康への近道に
【理論ありきのタイ式】は最強です。

 PP.S.
ちなみにサーフィンを始めて
壊れた箇所は
「手首」「肩」
「腰」「膝」の4箇所。

つまりほぼ全身!(∋_∈)

健康だと思い込んでいた
僕の身体は
実は歪みまくっていました。涙

 

The following two tabs change content below.
アバター画像
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。

コメント