「うわー気持ちよかった〜」を確実にゲットする3つのポイント

「めちゃくちゃ気持ちよかったです!きてよかったー」これを笑顔で言われるとテンション上がりますよね。たとえ疲れていたとしても、この一言ですべて吹っ飛びます。

実は、そんな最高の瞬間を確実にゲットできる方法があります。今回は、シンプルな3つのポイントをご紹介します。

ポイント1 安心感を印象づける

人は疑いを持つと、神経が敏感になってしまいます。そうなってしまうと痛みを強く感じたり、ちょっとしたことが不快なものに感じてきます。

なので、最初のタッチは、丁寧すぎるぐらい丁寧に「大切なものに触れる」ような意識で始めていきましょう。

ポイント2 ソフトにしずめて、ジワーっとぬく

圧を加えていくときは、やわらかく押しはじめます。圧を加えて一定の深さに沈めたら1テンポおく意識を持ちましょう。相手の身体の状態にあわせて、効きすぎる手前で止めてあげる感じです。

最後は余韻を残すようにゆっくりと力を抜いていきます。

1・2・3で沈め、

深いところで1テンポおいて、

1・2・3で力を抜いていく感じです。

こうすることで「丁寧」な印象も残ります。

ポイント3 スムーズに動いて心地よいリズムを奏でる

タイ古式マッサージは、なめらかな連続性があります。

相手の身体から手が離れ、次へと移動する動作は、テンポよく動かしていきます。次の動作を意識した動きが、タッチとタッチの切れない流れをつくり、なめらかな連続性を生みだします。

横の動きがゆっくり過ぎると、まどろっこしく感じてしまいます。

まとめ

こういった基本的なことをきっちり守ることが、良い反応をいただけるポイントです。

「最近どうもうまくいかないなぁ」なんてときは、細かいテクニックやストレッチを変える前に、まずはここから見直してみるといいでしょう。

いかがでしたか?

今回は、「めちゃくちゃ気持ちよかったです!」をゲットするためのシンプルな3つのポイントをご紹介しました。特にポイント1は今日からすぐにできる内容です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
木下智之
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。