【タイ古式マッサージ】”誰から学ぶか” が重要な理由

こんにちは。
木下です。

今日は、特に初心者の方に向けて、
“学びの出発点” についての
重要性を掘り下げていきます。

なぜ「誰から学ぶか」が
そんなに大切なのでしょうか?

===========
初心者の心は
素直で吸収力が高い

===========

今まで、
未経験の方から
経験者の方まで

幅広く
チェンマイ式タイマッサージを教えてきました。

その中で、
本気でセラピストになりたい未経験の方や
セラピスト経験1年以内ぐらいの初心者の方は、

とても素直な状態であるため、
まるで吸水性の高いスポンジのように
ぐんぐん技術と知識を吸収していきます。

一方で、そのまっさらで素直な期間に
間違った技術や知識を入れられ

そのクセや思い込みから
なかなか抜け出せずに
苦労している方もみてきました。

この経験から、

はじめに誰から学ぶのかが、
その方のセラピスト人生に
とても大きな影響を及ぼすと感じています。

===========
チェンマイ式タイマッサージの
美しい型と深い知識
===========

チェンマイ式タイマッサージは、
その起源を2500年以上前に持つ
伝統的な手技療法です。

仏教の教えと
インドの医学の影響を受け、
元々は僧侶たちによって
寺院で行われていたこのマッサージは、

身体的な治療と
精神的な癒しを組み合わせたもので、
タイの文化や仏教哲学と
深く結びついています。

そしてその歴史を通じて
先人たちが試行錯誤で作り上げた、
初心者にもわかりやすい
美しい型を持っています。

しかし、このマッサージは
人を癒す方法なので、
その本質は非常に奥深いものです。

つまり解剖学や生理学、心理学など、
広範な医学的知識が必要とされます。

===========
情報の質と量のバランス
===========

このように、
簡単に見えるけれど
本質的には奥深いタイマッサージを学ぶには

ただ大量の情報を浴びせられるのではなく、

その深い知識を基に、
段階的に必要なことを
わかりやすく教えてもらうことが重要です。

これをインストラクター視点でいうと、
膨大な知識を体系立てて理解し、
タイマッサージに組み込んで教えなければなりません。

===========
知識の欠如と
中途半端さの危険

===========

知識や経験がない人から学ぶと、
形だけの模倣に終わりがちです。

一方で、
知識が中途半端な人から学ぶと、
その不完全さから混乱を招きます。

でも残念ながら
初学者にとっては、

インストラクターが
どれだけの知識や経験を持っているかを
判断するのは難しいことです。

===========
インストラクター選びの
アドバイス

===========

そのため、私は
最低でも3人のインストラクターと
直接会ったり話したりして、

その人が信頼できるかどうかを
確かめることをおすすめします。

信頼できるインストラクターに出会うことが、
充実した学習経験と
セラピストとしての成長への第一歩です。

適切なインストラクターを見つけることは、
あなたのセラピストとしてのキャリア、
さらには人生において
大きな意味を持つ選択になります。

The following two tabs change content below.
アバター画像
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。

コメント