大転子の見つけ方

こんにちは。
木下です。

今日はナニゲに読み始めた
解剖学の本に
新たな発見があったので
シェアさせていただきたいと思います。

発見したのは
ズバリ!大転子の見つけ方です。

大転子って
比較的見つけやすい骨指標だと思いますが

ローザーネラトン線という線上に
大転子を見つける方法が
わかりやすいなぁと思ったのでお伝えします。

ローザーネラトン線とは
上前腸骨棘と坐骨(坐骨結節)を結んだ線のことをいい、
その線上に大転子があるんです。

こういうことです↓

image8573177.jpeg

立った状態で
自分の上前腸骨棘と坐骨を見つけて
結んだ線上に大転子が見つけられます。

どうです?

わかりやすくないですか?

ホントちょっとした発見ですけど
こういうのにテンション上がるんですよね~

ホントだぁ!って。
(細かいことを言うと股関節45°屈曲位で見つけるらしいのですが立位でも分かると思います。ローザーネラトン線から大きくズレて大転子がある場合は股関節の変位があるかも)

ということで
大転子の見つけ方でした。

ではでは。

木下智之

 

P.S.
僕的に大転子は好きな骨指標の一つで
特に股関節の問題、体側の運動にからむ問題には
大転子を中心に施術を組み立てることもあります。

この機会に再確認してみてくださいね。

ちなみに
ナニゲに開いた本はコレでした↓
https://amzn.to/48Dtvyl

The following two tabs change content below.
アバター画像
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。

コメント