【タイ式ストレッチ】ググッと効かせる為に必要な3つのポイント

これって伸びてるのかなぁ?

こんな風にストレッチ中、不安に思ったりすることってありますよね。特にストレッチの型が複雑になってきたりすると。

そんな誰もが1度は感じる不安も、簡単に取り除く方法があります。

今回はこのポイントさえ守れば、しっかりストレッチが効いていますよと言える3つのポイントをご紹介します。

ポイント1 固定する場所と動かす場所を決める

タイ古式マッサージでストレッチをしていくときは、固定する場所と、動かしていく場所をつくります。特に固定する場所がしっかりしていないと効果的に伸ばすことができません。

この写真で説明すると、セラピストは、左ひざで相手の下半身を固定して、左手で相手の右ひじを押すように動かしています。

すると、固定している場所と、動かしている場所の『あいだ』がじわ〜っと伸びていきます。

ポイント2 遊びをとる

ストレッチの目的は筋肉を伸ばすこと。

ストレッチを始めて、抵抗がでるまでの遊びの部分はスーッととってしまいます。遊びの範囲内で動かしても伸びた感じがあまりしません。

遊びというのは、車のブレーキをイメージしてみると分かりやすいと思います。前の車との車間距離が縮んできたら少しずつブレーキを踏みだしていきますよね。

そして、やっぱりこのままだと近づきすぎるなと感じたところで、さらにブレーキを踏んで減速していきます。

この少しづつブレーキを踏み出す感じが遊びをとる行為で、(ブレーキを踏んではいるんだけどまだ効きだしていない)そこからさらに踏み込んで減速し始めるのがストレッチでいう効きだした感じです。

ポイント3 相手の身体を丸ごと観る

ストレッチはマッサージと違って、広範囲に効いてしまいます。なので相手の身体の『部分』を見るのではなく、相手の身体を丸ごと観る意識が大切です。

ついつい部分を見てしまいがちですが、身体全体を見ることで、ストレッチされている感じが観てわかるようになってきます。

1番大切なこと

タイ式ストレッチは、ダイナミックなものもあれば、地味〜に伸ばすものまで色々とあります。

特にダイナミックなストレッチは、相手の身体をしっかりと緩めてから始めないと、相手は反射的に怖いと感じてしまいますし、最悪、筋肉を痛めてしまいます。

【ストレッチはしっかりと相手の身体をユルめてから】がオキテです。

いかがでしたか?

今回はタイ式ストレッチを安全に、そしてしっかり効かせる方法をご紹介しました。

この3つのポイントを押さえた上で、身体をゆるめてから行えば、安全で効果的なタイ式ストレッチがググッとキマリます。

これでいいのかなぁと感じている方は、このポイントを押さえることで思った通りにストレッチできるようになります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
木下智之
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。