セラピストデビューを成功させる3つのポイント

はじめてお客様の身体を触るときってめちゃくちゃ緊張しますよね。

満足してもらえるかなぁ。スムーズにできるかなぁ。時間内に終わるかなぁ。。。

そんな風に頭の中がいっぱいでドキドキな状態でも、確実にセラピストデビューを成功させる方法があります。

今回は、ココさえおさえていれば大丈夫という3つのポイントをご紹介します。

ポイント1 感謝の気持ちを伝える

セラピストデビューを迎えるあなたが最後に確認することは技術ではありません。

はじめは技術よりも印象の方が大切です。ご来店いただいたことに心から「ありがとうございます」と伝えましょう。

笑顔で感じよくお迎えできれば、セラピストデビューの8割は成功しています。

ポイント2 相手のことを考える

技術的なことや時間などが気になってしまうのは仕方ありません。でもそのことを考えるよりも、目の前のお客様は、何を解決したくてサロンに来てくれたのだろう?と考えることの方が大切です。

お客様の求めているものが分かれば、どうしたらより良い結果がだせるのかが分かります。

そのためにも、まずはお客様の話に耳を傾けていきましょう。

ポイント3 新人です!と言わない

サロンのお客様を担当させてもらえるということは、何かしらのテストや課題に合格したからです。

あなたは合格ラインに達しているセラピストなので、あえて新人です。などの言葉は言わないようにしましょう。

自分自身への言い訳になってしまいますし、お客様からしたら「新人だから大目にみてね」ってこと?と伝わります。

まとめ

はじめのうちの技術的なことは、気持ちよくて安全ならOKです。

色々なテクニックを使わなければお客様が満足しないのでは?と思うかもしれませんがそんなことはありません。ひとつひとつを丁寧に進めて、信頼を獲得していくことの方が大切です。

その結果、いろいろなことを提案できるようになって、あなたの施術に満足してもらえるようになります。

いかがでしたか?

今回はセラピストデビューを成功させる3つのポイントをご紹介しました。技術レベルが合格ラインならあとはこのポイントを守れば必ず良い結果がでます。

ぜひ参考にしてみてください。応援しています!

The following two tabs change content below.
木下智之
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。