セラピスト目線☆タイ古式マッサージを学ぶ5つのメリット

うーん。タイ古式マッサージって学ぶ価値あるのかなぁ?タイ古式に興味を持ち始めると、まずこんな疑問を持ったりしますよね。

そこで、そんなモヤモヤをスッキリさせるべく、8年間タイ古式ひとすじでやってきた僕が、タイ古式マッサージの良いところを、セラピスト目線でご紹介しタイと思います。

メリット1.手技の数が多い

タイ古式マッサージは足の裏から始まり、脚、お腹、腕、腰、肩、首、頭、おしり、背中、顔までと、全身を癒すことができる豊富な手技があります。基本の型でも2時間ぐらいの施術が余裕でできるほどあります。身体の知識がたくさん増えるので、興味も広がります。

メリット2.必要なものが少ない

タイ古式マッサージにはベットすら要りません。高価な機材やオイルなども必要ありませんし、オイルの拭き取りもないので、手間が少ないのも良いところです。自分自身のからだが道具になるので、健康、美容意識も高まります。

メリット3.自由度が高い

タイ古式マッサージは、おふとんのようなマットの上でできるので、セラピストは自由自在に動くことができます。慣れてくるとクリエイティブな動きもできるので、踊っているかのようなリズムを創りだせます。

メリット4.解剖学を理解しやすい

タイ古式マッサージは、寝ている相手を、上からただ押したり、揉んだりし続けるようなことはしません。押す、揉む、引くなどに加え、タイ式ストレッチがあるので、普段馴染みのない筋肉もイメージがしやすいのです。

メリット5.自分の姿勢が良くなる

タイ古式マッサージのセラピストは、流れるように動き続けるので、インナーマッスルや、コアの部分が自然と鍛えられます。しかも、いかに最小の力で最大の効果を発揮するかを追求しているので、自然と美しい姿勢や身のこなしが身に付きます。

いかがでしたか?

今回はセラピスト目線でタイ古式マッサージを学ぶメリットについてご紹介しました。

これで、本当に学ぶ価値あるのかなぁ?というモヤモヤした悩みも、少しクリアになったと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

P.S.

仕事にするとなるとお客様に喜ばれることが第一です。でも自分自身も楽しく仕事ができて、成長できるって素晴らしいと思いませんか?

The following two tabs change content below.
木下智之
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。