【タイ古式マッサージ動画】ひとりで動画を撮る方法

今回は、タイ古式マッサージの動画を撮影した経験をもとに、1人で動画撮影する方法をご紹介します。

手順1 モデルを探す

1人でと言っても、タイ古式マッサージには相手が必要なので、まずはモデルになってくれる方を探します。

スタッフ、友人、お客様に声をかけてみるのが簡単だと思います。僕の場合はスタッフがいないので、お客様にお願いをしたり、ブログでモデルになっていただける方を募集したりしました。

手順2 撮影場所を探す

サロンがあればそこで問題ありません。サロン以外で撮影したいのなら、レンタルしているスタジオやスペースを調べます。僕の場合は「浜松 ヨガスタジオ」で検索しました。

そこで目にとまったのがこちらのブログ↓

浜松市のヨガスタジオ 、ヨガシャラ浜松。少人数制、予約不要、お気軽にご参加いただけます。

ヨガシャラさんはスタジオレンタルをしている様子はなかったのですが、メールで利用目的などをお伝えしながら問い合わせたところ「スタジオレンタルはしていませんが、空いている時間ならいいですよ」と承諾をいただけたのでお願いをしました。聞いてみるものですね。

手順3 日時を決める

モデルさんとスタジオと自分の予定を合わせて撮影日を決めます。この3つが決まればあとは動画撮影をするだけです。

手順4 施術フローを考える

手順1〜3が決まったら施術フローを考えます。5分〜10分ぐらいで収まりそうなフローを、仰向け、横向き、座位×2ぐらいで作ります。

1つのフローを長めに作るよりも、短めのフローを何パターンか作った方がいいと思います。いざ撮影してみると、思ったよりも長くなる傾向があります。

撮影に必要な道具

スマホ1台と三脚があれば他に必要なものはありません。スマホ用の三脚はAmazonで2,000円以下で買えます。

LAOG 最新型スマートフォン対応三脚 超軽量 4段切り替え (シルバー) SR-917 (改良版)がスマートフォン用三脚・一脚ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

撮影に失敗しないためのポイント

動画撮影は「準備」と「打ち合せ」をどれだけしっかりとできるかが最大のポイントです。動画のクオリティーを上げるには機材よりもココが大切です。

さあやってみよう

今の時代、本当に簡単に動画撮影ができて、インターネット上にアップロードすることもボタンひとつでできます。

動画を撮影することで、自分の施術姿勢を見ることができますし、やってみることで様々な経験ができます。

僕の場合、初めてブログでモデルさんを募集してみたところ、3人の方からお返事をいただきました。応募があるなんて思っていなかったので本当にビックリしました。

これも、やってみたから経験できたことです。これだけでも本当にやってよかったと思っています。

ぜひあなたも動画撮影に挑戦して見てくださいね。

撮影した動画はこちら↓

The following two tabs change content below.
木下智之
木下智之
アユーラタイマッサージスクールインストラクター
日本でチェンマイ式タイマッサージを日本語で教える専門家。20代前半に経験したタイ、インド、ネパールへの旅行がきっかけで[人の役に立てる人間になりたい]と強く思うようになり今に至る。2017年、100人以上いるインストラクターの中で実績1位を獲得。現在はサロンにてタイマッサージの施術を行うセラピストをしながら、現役セラピストの方、本気で仕事にしていきたい方向けに、技術を教えています。